2013年12月5日木曜日

2013/12/1



平日人とずっと一緒にいる反動からか、週末は引きこもりがち。蚊帳の外には出ない時間もたまにある。勿体ない。ブシアにあるRed Crossが今資金不足から資金を募っているとのことで金曜日にADEO オフィスに来ていました。ブシア県以外の介入は一切なしに、ブシア内だけで、回せるサイクルの確立を試みているとのこと。     
他の機関や海外から車や物品を提供してもらうこともあるけれども、維持することが難しいそう。車はあるけどガソリンは?故障したときの修理は?など。
金額が書かれたカードと引き換えに募金をするというもので、金額がいくつかに設定されているんだけれども、1番高額のものを渡される(1000ksh)。少額のものに変えてもらいました…。
当たり前かもしれないけど、人によってリアクションが違う。共感する人もいれば、「Red Crossは世界的に大きな機関でお金があるはずから渡す必要はない」という人もいれば、「自分たちだけで試みることは大きな意義がある」という人もいれば、「ブシア県内だけで試みていることだからこそ、説明責任が曖昧だ。」という人がいたり。
やっぱりネームバリューはあるように思う。日本人だからそう感じるだけかもしれないけど。安心感や信頼感が違う。ように思う。

0 件のコメント:

コメントを投稿