2013年11月2日土曜日

2013.11.1



更新がぱったりとなくなりました。
お久しぶりです。私はとても元気です。火曜日にお腹を壊したけれども、心配ないかと思われます。腐ったオレンジを食べたのがいけなかった。食意地はりすぎ。
美味しかったんだけどなぁ。

全体的にアデオスタッフの体調もよくないような。今日はスタッフの一人がマラリアになり病院に。大量の薬と共にかえってきた。
ハクナマタータ(問題ない)と言っていたけど大丈夫なんだろうか…。


気が付けばもう11月に入りました。ということは、ケニアに来て既に1ヵ月が経過し、残り2か月もないという事ですね
1ヵ月と16日しかないという。

1ヵ月間の事を振り返ってみて、慣れはしました。
残り1ヵ月と16日。残りの日数でやりたいこととやるべきことをざっと並べると、めちゃめちゃ実感がわいてきた。動かねば。体を動かさねば。

今週の事をざっと振り返ると、(長くなりそう)
先週の土曜日にはアデオのフィールドで活躍するファシリテーターと一緒に、彼のホームタウンである隣の県に行ってきました。初ブシア県外!片道バスで1時間!
10時に待ち合わせしていて、1010分の時点で向かっている最中だった自分にその人から電話がかかってきて、あー絶対待たせてるよー申し訳ないーと思って詫びを入れたけれども、結局その人が来たのは11時過ぎ。笑
日本のように定時のバスなんてほとんどないから(中長期バスくらい)、遠いところから集合場所に来てくれてる可能性もあるし、仕方ないか・・・って思ったら、待ち合わせの場所から徒歩10分くらいのところに住んでいることが発覚w
ケニアンタイム…。

そんなこんなで行ってきました。
川があると聞いていたので、水遊びできるかな…と期待していたら、そんな川じゃなかった!
濁流!濁流!濁流!
川があればその川を活かした職業があるようで、「砂を売る」という仕事を見学していました。家を建てるのに使用されるそうです。皮から砂を撮るのも、壊れかけたバケツで砂を運ぶのも、運んだ砂を一度業者のトラックの周りにおろし、そこからまたトラックに積むのも、これが全部手作業。
悪くはないけど気が遠くなるような作業のように思えました。
同じ目的で、川にある大きな石をトンカチで小さく砕く作業もあり、少し手伝ったりしてました。

友人の家を案内してもらったのですが、兄弟一人ひとりに家を与えられるそう!一つの敷地内にいくつか家(78畳程の大きさで、中にはベッド(もちろん蚊帳付き)と机などがある)があって、
説明を受ける時に、「あれが僕ので、あれが兄ので、あれが弟の!」的な感じでした。
写真がそれです
日本でいう子供部屋みたいなもんですかね。

敷地内には牛がいたりパイナップル畑やアボカド畑などがあったりと、自分にとってまだまだ新鮮極まりない光景でした。笑
ブシアに来て初めて休日らしい休日だったかもしれない。

移動するときに見る代わり映えのない景色には見慣れてきて新鮮度が少しだけなくなってきてるように思います。まだまだ楽しいけど。
ケニアに来て、サファリに行かないとかありえやん・・・などという考えはなくなりつつあるほど、自然に囲まれているように思う。笑
ホテル周辺でも牛もヤギも豚もよく見るしなぁ。

この日で一気に日焼けしました。


そしてなんと!今週月曜日からオフィスに電気が戻ってきた!!!感動…!スタッフと万歳万歳言いながら喜んでました。笑 
電気が戻ってきたということで、これまで溜まっていたデータを印刷する作業に追われていました。約1ヵ月の間のデータは、膨大。3日程夕方6時くらいまでプリンターフル稼働。
この2日間は、印刷して郵送に出したり、会計の報告書作成を手伝ったりしてました。

水曜日にはAmkeni の振り返りミーティングに参加し、

昨日は、WORLD AIDS DAY PLANNING MEETIN にひょっこり付いて行き、

その後にナンバレ地区で行われているShuga sessionに付いて行きました。
日本にいる時、世界エイズデーなんて気にかけもしていなかったなぁ。
世界エイズデーは、ブシアが一つになって活動する良い機会でもあるという風に捉えられているので、力が入れられているようです。

Shuga sessionなんですが、今日は屋外で行う予定だったけれども準備を終え始めようとした途端に大雨が降り、結局中止。
中止せざるを得なかった理由としては天候が悪化しみんな家に帰っちゃうのと、機材が使えないというのもありますが、午前中に行われていたミーティングが長引いて出発が1時間以上遅れたのもあるだろうなぁ。うーん。。。





することないようであるような。あるんだけど、ないような。

ムソマ孤児院に向けたクラウドファンディングを試みたプロポーザルを書きつつ書いてアデオジャパンの人に提出しようと考えています
ムソマ孤児院は、お金が必要な状況は明らかにあるけれども、プライオリティがつけられていない。
どのように使うのが良いのかが今一わからなくて考えています。ってかそもそもお金を集めることがまず簡単じゃない。

日本にいる時に面談していただいた方が仰っていた、「お金を稼ぐのもそうだけど、お金を上手く使う事もまた非常に難しい」という言葉を思い出しているところです。

また更新します。

0 件のコメント:

コメントを投稿