2013年10月12日土曜日

10/7


こんにちは。今日は初めてブシアオフィスに行きました。これからよろしくお願いします。
現在ブシアには5人のスタッフがいるのですが、そのうち何人かはフィールドへ。ブルーノから私のポジションを割り当てられるそうなのでブルーノを待っていましたが、結局来なかった・・・。どんな人なんだろう…。楽しみです。

こんにちは。中々インターネットを使うことが出来ず、更新できませんでした。
今週の月曜日からブシアオフィスにいます。
今オフィスが入っている建物の電気がずっと切れていて、インターネットはもちろん、その他の機械も使えない状態です。ガソリンで動く発電機でたまに電気を使ったりしていますが・・・。
電気が切れているのと、今は何よりも先に報告書を仕上げなくちゃいけないから、きっと来週からフィールドに行けるよ!ってブルーノに言われたのですが、これは受け身だからフィールドに行けていないだけなのでしょうか…。オフィスにいる間は、書類を印刷したり、報告書を読んだり、会計の仕事を少し手伝わせてもらったり、特にここで報告させてもらえるようなことは出来ていません。
刻々と日が過ぎていき、不安と焦る思いに押しつぶされそうです。はい。


私が滞在するブシアについて書きます
ブシア県はケニア共和国の西部で、ウガンダとの国境沿いに位置し、大きさは東京都のおよそ三分の一にあたります。大多数がキリスト教、少数がイスラム教・現地の宗教を信仰しており、キクユ族、ルオ族だけでなく、ルイヤ族やアテソ族、キカンバ族、ソマリ族など数多くの部族が暮らしているのが、ブシア県です。

経済活動は農業がメインで主な収穫物はトウモロコシやサトウキビ、キャッサバ、モロコシ、シコクビエ、ピーナッツ、タバコ、綿などなど。農業だけでなく湖畔に沿った海産業もまた主要な産業の一つだそうで。

○天候
日中は半そでだと日差しが強く暑いので基本長袖を着ています。夜は冷え込むのでニットのセーターを着て寝ています。
日中はものすごく暑い!なめてた!というか、これこそ想像していた暑さなのかも。
10月と11月は小雨季なので毎日夕立があり、雷も鳴っています(今も)

○物価
物価は日本と比べると安く、水500m2550円、瓶ビールは100円くらいでした。ニベアのクレンジングオイルは650円程でかなり高め。
現地で使用しているNOKIA携帯でのメッセージ一通は大体3円程。ケニアにおける携帯普及率は非常に高く、物価に比べて高い通信費でも多くの人が利用しています。街でも多くの人が携帯を手にしているのを目にします。今後、ケニアの通信事情・携帯市場を調べていく予定です。

○交通
ブシア・ウガンダロードと呼ばれている大きな一本道沿いに、店やホテル、オフィスや銀行などが建てられています。ウガンダの国境に非常に近いため、自家用車はほとんど走っておらず、大型トラック、マタツ(ミニバンの乗合タクシー)、ボダボダ(自転車タクシー、)バイクタクシーがたくさん走り、牛・ヤギ・鶏・ヒヨコ・豚を横目に人が歩いている感じです。
牛やヤギは見慣れないので出会う度に楽しんでいます

○仕事
基本的に朝の8時から夕方の5時までが労働時間。しかし8時に店に行っても開いてあるところは少ないです。
失業率についてはまだ数字を把握できていないのですが、
ブシアには仕事がないから自分達で仕事を作りださないといけない。People should create own jobs here.と言っていました。
タクシードライバーは男性が多く、道に沿って野菜や果物、衣類や靴を売っている物売りには女性が多いです。道で物を売っている人たちはインフォーマルセクターに分類されているそう。失業率が示す数値はここブシアの生活においてどれほどの意味を持っているのかはわからない。今後勉強していきます

○言語
スワヒリ語に囲まれています。今まで出会った人ほとんどが英語も話せます。小さい子供でもペラペラしゃべるから、私にとったら頭が上がらない状態です。
通りすがりの子供には「Mzung!(外国人・白人) how are you?」と聞かれ、通りすがりの大人には「Chinese! Sasa?(元気)」と声をかけられています。
ブシアにはあまり観光客はこず色が白い人は珍しいから目立つ、と何人かの人は言っていたが、既に6人程の“Mzung”を見ている。
スワヒリ語は勉強しているが全然できず。Nから始まる単語に違和感を覚えながらやっています。スワヒリ語で日本のしりとりルールは通用しないなぁ・・・・。とかどうでもいいことを思ったり。大学に復学したらスワヒリ語をとろうと思います。

○食事
主食はウガリというもの。
ものすごく楽しみにしていたのですが、私はあまりウガリが好きではないかも…。と思っていたり。毎回全部食べきれず、半分程持ち帰っている。
基本的に肉を食べる事がなく、ベジタリアンになりつつあります。
滞在しているホテルで食べるのは非常に高いので、帰路に夕飯を買って帰ってくる毎日です。材料を買ってくればホテルで調理してくれると言っていただいたのですが、どの食材を出すと何ができるのかがわからないので未だトライできず。
一度興味本位で食べたインスタントヌードルを渡したら、焼きそば兼スパゲティ・油そばみたいになって出てきたので少し恐れている。

今後個人的に調べたいテーマとしては、
タバコ産業・お酒産業などがある。ジャンキー極まりないテーマばかりだ。
ケニアに来てから喫煙者を2人程しか見かけていない。ブシアに至っては0。ブシアにおける主な生産物としてタバコが挙げられているのに、喫煙者をほとんど見かけないというギャップに興味をかきたてられている、ジャンキーでした。

写真をたくさんアップロードしたいのですが、インターネット接続が困難な中、中々難しいです。非常に非常に残念。
また更新します。

1 件のコメント:

  1. このコメントは投稿者によって削除されました。

    返信削除